ママザウルスの育児奮闘記

恐竜大好き兄弟の育児、ママザウルスの小言など。

幼稚園初日!泣いた?登園初日はこんな感じ!はじめて自分の育児を肯定できた日。



ママザウルスです、こんにちは!

皆様、新生活はいかがですか?

まだまだ緊張感がとけない時期かと思います。

 

うちの兄ザウルスもいよいよ先日から幼稚園に通いだしました!!

一歩踏み出しました!

幼稚園...泣いた?泣かなかった?

楽しかった?

 

今回は、登園初日の様子についての記事です。

幼稚園に入園された方、来年入園される方、お子様の幼稚園生活を懐かしく思う方、ぜひぜひご覧ください。

 

 

 

 

幼稚園初日の様子


f:id:freelancemama:20210410212109j:image

 

兄ザウルスはこれまで一時保育などを利用したことがありません。

なので、2歳半までは母子分離がなかなかできなくて、習い事を通してママがみえていればなんとか大丈夫という状態になったのが3歳くらいでした。

最近はかなり強くなったように思いますが、幼稚園に慣れるまでは相当大変だろうなと思っていたのです。

 

ちなみにしばらくは慣らし期間の為、午前中だけです。

 

 

 

送りは?

 

兄ザウルスは、いつも通り7時前に起床し、無事に朝の準備を済ませ、元気に出発です!

弟ザウルスも朝から離乳食をもりもり食べてママザウルスの背中へおんぶで一緒に幼稚園へ!

うちの場合、パパザウルスと兄ザウルスが家を出る時間がほとんど一緒なので、厳しい時はパパザウルスにお願いできるのがありがたい!

 

幼稚園へつくまでは

  • 今日から幼稚園が始まること
  • ママは待っていること
  • トイレは先生に言うこと
  • 帰ったらママとパーティーをしようということ

この4点について話ながら向かいました。

 

幼稚園に着いて、

「兄ザウルス、ママ待ってるから。いってらっしゃい!」と言うと、1度だけ「ママ」と強く手を握ってから1歩1歩進みだしたのです。

 

ママは待っているんだ

僕は幼稚園に行かなくちゃ

 

小さな背中はそう言っていました。

一生懸命に踏み出した兄ザウルスを前に泣けないママザウルス、こらえました。

 

兄ザウルス、泣かずに登園できました!!

あっぱれ!

 

正直、泣くだろうと思っていたので兄ザウルスの頑張りには驚きました。

 

 迎えは?

 

しばらくは午前中だけはので、送りから戻って約2時間でまた迎えに行かなければなりません。

弟ザウルスの相手をしながら、家事を済ませます。

 

兄ザウルスがいないと、弟ザウルスすっごく手がかかる!!!

弟ザウルスは兄ザウルスが大好きで、いつも兄ザウルスについてまわり、一緒に遊びます。

そんな兄ザウルスがいないからでしょう、いつもより追う追う追う泣く泣く泣く。

 

兄ザウルスがママザウルスの育児をいかに助けてくれていたのか痛感しました。

兄ザウルスありがとう、母ちゃんがんばる。泣

 

迎えの時間になり、また弟ザウルスをおんぶして出発です。

 

兄ザウルスー!!

兄ザウルスがでてきました!

ん??

目がうるうるしてる!

兄ザウルス、涙をこらえていました。

兄ザウルスのマスクを少しずらしてみると、下唇がでています。

今にも泣き出しそうな兄ザウルス。

 

ムツゴロウさんになったかのように全力でよしよししました。

ムツゴロウさん、ご存知ですよね?

 

「パパママ、会いたかった。」そういって涙をぐっとこらえ、歩きだしました。

 

兄ザウルス、泣かなかった!

えらいぞ!

兄ザウルス頑張りました!

 

帰り道は幼稚園のお友達と手をつないでワイワイ帰りました。

「幼稚園楽しかった!また行きたい!」

そう言ってくれたのが本当に嬉しかった。

 

帰って兄ザウルスが好きなものをたくさん食べて、兄ザウルスが好きな遊びをたくさんして過ごしました。

午前中だけだと、体力がかんなり余ってしまうようなので来週からは午後も公園コースだなこりゃ。

 

ちなみに、以前もご紹介させていただきましたが、幼稚園のいちにちという絵本。

子どもに幼稚園がどんなところか説明するのに本当に最適でおすすめです。

この絵本のおかげで、兄ザウルスは幼稚園に安心感を抱き、入園日を迎えることができました。

 

ようちえんのいちにち [ 丘修三 ]

 

 

 

親の気持ち

 

3歳の兄ザウルスが無事に幼稚園生活をスタートできました。

 

この3年間、幸せな時間がいっぱいあったけど、本当に嫌になることも多かったのが本音です。

 

育児は自己嫌悪の連続で、あんなに自信満々だった私(日本一キラキラしているのは私よ!と思っていた馬鹿女です。)が自分のことを何一つ肯定できなくなっていって...。

 

学生時代、社会人時代のキラキラした気持ちやプライド全部なくしたけど、自分にとってもっともっと大切なものに気づけたりして。

 

反省ばかりの3年間だったけど、兄ザウルスの幼稚園初日に兄ザウルスのたくましい姿をみて、はじめて私も自分の育児を少し肯定できました。

 

上手く言えませんが、兄ザウルスに3歳までに伝えたかったこと、ちゃんと伝えられていたんだってはじめて思えました。

 

 

もちろん、兄ザウルスの成長は兄ザウルスの努力の証であり、兄ザウルスの素質であり、私はほとんど関係ないんだけどね。

まあ、いいじゃないか!!

ママだって3年に1回くらい自分を肯定させてくれ(^o^)/

 

平日の育児を任せてくれているパパザウルスにも深く感謝!

 

 

主婦になり、母になり、極上の幸せと引き換えに無くしてた自信を、兄ザウルスの入園をきっかけに少し取り戻せた気がします。

 

 

おわりに

 

長くなってしまいました。

親指つりそう。笑

読んで下さって本当にありがとうございます。

 

 

幼稚園がはじまってまだ1日。

これから楽しいこともあれば、涙する日もあるでしょう。

そんな時、安心感を与えられるようなドーンとしたママザウルスでいます。必ず。

 

兄ザウルスの毎日が楽しいことで溢れますように。

登園初日泣いちゃった子たちも明日はたくさん笑えますように。

新生活がはじまった皆様が幸せでありますように。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ぜひとも読者登録よろしくおねがいいたします。

 

 

 

www.mamasaurus.jp

 

 

© 2021 ママザウルスの育児奮闘記 All rights reserved.