ママザウルスの育児奮闘記

恐竜大好き兄弟の育児、ママザウルスの小言など。

上の子が早生まれの場合の3学年差についての話。早生まれって?3学年差って?基本の「き」から解説します。うちの場合は…。



ママザウルスです、こんにちは!

今日はすんごいピンポイントです!

 

どどん!

上の子が早生まれの場合の3学年差のお話!

 

 

うちがそうなんです。

現在幼稚園に通う兄ザウルスが早生まれでございます。

早生まれって色々ややこしいですよね、わかりますわかります。

3学年差ってどうなる?と混乱しても無理ない!

 

今回は特に、第1子が早生まれだけど、2人目どないしよーかしらと悩まれてる方に読んでいただきたい記事です。

ぜひ最後までご覧下さい。

読者登録もぜひ♡

 

早生まれとは

早生まれにあたるのは、1月1日から4月1日までに生まれた人です。

逆に、4月2日から12月31日に生まれた人は遅生まれです。

 

↑これだけ知っていれば十分だと思うのですが、念の為…。

早生まれの人は小学校入学が数え年で言うと7歳になります。

その時、遅生まれの人は既に8歳です。

ほぼ1歳違う人が同じ学年にいるということが起きるわけなんですよね。

これ、小さいうちなんかは特にすごく大きな差に感じますよね。

 

したがって、1歳早い年齢で入学するから早生まれと言われているのです。

 

3学年差とは


f:id:freelancemama:20210603063848j:image

3学年差はシンプルに学年が3つ違いますよということです。

学年が3つ違うということは…

 

  • 3年保育の幼稚園はかぶりません。
  • 上の子が小学4年生になる時に、下の子が入学します。
  • 上の子が小学6年生になる時に、下の子は3年生になります。
  • 中学校、高校はかぶりません。

 

そして…

  • 上の子が大学受験に挑む時に、下の子は高校受験に挑みます。

 

 

www.mamasaurus.jp

 

  • 下の子が大学に入学する時、上の子は大学4回生になります。

 

なんとなくイメージしていただけましたでしょうか??

3学年差って歳は近いんですけど、意外と色々かぶらないんですよね。

(つまり制服のお下がりとかまわしやすい!!笑)

 

 

うちの場合


f:id:freelancemama:20210603063905j:image

 

うちの場合は兄ザウルスが早生まれで、弟ザウルスが遅生まれの2歳半差です。

 

正直言いますね。

第一子の早生まれは大変なことのほうが多かったかも知れない。

気持ちの問題なんですけれども。

その分、色々な経験をさせようと試みたり、体力をひたすらつけさせたり、遅生まれの子と大きな差が出ないように色々頑張れましたけどね。

(いや頑張ったの兄ザウルスね。)

 

第一子て本当にはじめてのことばかりの日々で。

成長や発達、何かとまわりと比べるしか確認しようがなくて。

 

小さいうちの1歳差ってとてつもなく大きい差なんです。

 

できることがもう全然違いますからね。

半年以上先の月齢の子を見て焦る、ということが本当によくありました。

同じ学年だからって、成長や発達まで一緒だと思ってはいけません。

(と、当時の自分に言いたい。笑)

 

早生まれかどうかに関わらず、成長や発達にはその子その子のペースがあるということ、胸に刻んでおかなければ。

 

ただ、こればかりはいろんなタイミングがありますやん。←急にどうした?

第一子の早生まれは子供のペースに合わせるということができていればなんの問題もないと思います。

 

2歳半差育児、3学年差育児に関しては丁度よい年の差だと思いますよ。

一緒に遊べる、一緒に成長できる年齢差です。

 

 

おわりに

 今回は、上の子が早生まれの場合の3学年差についての話ということで、ちょっとピンポイントな内容になってしまいました。

いかがでしたか?

 

  • 上の子が早生まれ
  • 3学年差

 

のイメージがなんとなく伝わっていればハッピーザウルスです。

うちの子どもたちはまだ小さいので、私も母親としてまだまだこれからなんです。

なのでまた早生まれや3学年差に関する発見があれば記事にしますね。

誰得?!かも知れないけど、私の心はなんだかすっきりザウルス。

 

ハッピーザウルスとか、すっきりザウルスとか言ってるけど、正直うちのこたちいつまで恐竜好きでいてくれるのかな…と不安なママザウルスです。笑

 

最後になりますが、いつもたくさんのスターにコメント、本当に感謝でいっぱいです。

ありがとうございます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

www.mamasaurus.jp

 

 

© 2021 ママザウルスの育児奮闘記 All rights reserved.